HOME

ポリオの不活化ワクチンの普及

子供は生まれてから、成長する過程で、さまざまなワクチンを打たなくてはなりません。
これは重症化しやすい病気を予防する意味でとても重要なのですが、最近は、この予防接種の見直しも話題となっています。

特にポリオワクチンは、以前から副作用が問題となっており、現行の生ワクチンから不活化ワクチンへ変更するよう、意見が高まっています。

実際、アメリカやヨーロッパといった先進国では、すでにポリオの生ワクチンは利用されておらず、不活化ワクチンが主流となっています。
なぜ日本はいまだに生ワクチンを利用しているのか、さまざまなうわさや憶測が飛び交っていますが、厚生労働省もいずれ不活化ワクチンの移行する方針を打ち出してはいるようです。

一般的に予防接種には多少なりとも副作用のリスクがあります。
特に実際の病原菌を弱毒化しただけの生ワクチンは、時に重篤な副作用が出る事例もあり、そういった点でも不活化ワクチンのほうがより安全性が高いといえるでしょう。

また最近はこういった副作用を恐れて、ポリオの不活化ワクチンを個人輸入する人も増えています。

ただし、個人でポリオワクチンを手配した場合、1回に5000円程度の実費負担がかかります。
さらに不活化ワクチンは4回打つ必要があり、個人で輸入した予防接種は、補償もありません。
このように個人の判断で行う予防接種は高額であり、副作用が出ても国は補償ししないリスクをはらんでいるのです。

そういった事情も配慮し、最近は、神奈川県のようにポリオの不活化ワクチンを自治体単位で先行輸入するケースも増えています。

What's New(新着情報)

HOME